2015年08月09日

一応先々の予定の告知を。

今日も比較的過ごし易くて良かったです、このぐらいの気温だと夏を楽しむ余裕という物が産まれます。でも既に秋冬物に心が移っている方が結構いらっしゃいまして、ザチノリバイブドの今シーズンの最初の入荷分のパンツは絶賛されていまして、2色ありますがどちらも動いております。ガンホーはほぼ完売状態で明日少しは都合を付けるべく考えております。バイオグラフィーのベストはあまりに鮮やかな色合いが故にこれは秋冬物なのか?と訊かれるので、イヤこれは晩夏物だ、と答えておりますww





そんな中ですが今週は水曜日にポンプフューリーの入荷があり、晩夏商材が揃いつつあります。しかし今週一杯はセール対応期間にしておりますので、セールの権利のご利用はお早めに。





そして。来週ですけど水・木・金と19〜21日迄連休とさせて頂きます。元々木曜日の20日は定休日なのでその前後にお休みを頂くという事で。お盆期間中は実家に戻っていらっしゃるお客様もいらっしゃればそこしか連休がないんだ、という事でいらっしゃるお客様もおられると思いますので営業しますが、その代わりという訳ではありませんがそんな感じで。先に告知しております。





そんなこんなで今週は色々と入ってきたり出ていったりで忙しくなりそうですが、残るパンツ類のアップをお盆休み中に写真を撮ってアップし終える予定ですのでお楽しみに。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

夏の新作紹介 vol.41 Glaconの KANOKO BORDER V-NECK TEE

今日は久しぶりに猛暑日じゃなく、それだけで過し易く感じるぐらい暑さに慣らされている自分に愕然としました。駄目だろそれじゃ、と。何しろ猛暑日じゃないけど当然真夏日ではあり、32〜3℃はありましたから。なんか長期予報を見ると9月もお彼岸迄はしっかりと30℃オーバーで続く様ですし、それ考えるとまだまだTシャツやポロシャツで過ごす感じですよね。にも関わらず今日の段階で畳んだ写真しか紹介していないのにガンホーのベイカーパンツ、完売しております。来週には追加で発注する予定ですが、まさかの売れ行きです。晩夏初秋アイテムとはいえ今から丁度良く使える物だけに売れてしまいます。とはいえ、最初に書いた通りまだまだ暑いし、今日は残っているグラソンの新作の紹介をしてしまいます。


20150808-g15ss0601-01.jpg20150808-g15ss0602-01.jpg



マゼンダとミントブルーの2色紹介していますが、元々はネイビー×ホワイトの定番色も取っていました。すいません、昨日紹介したポロシャツの反響が中々で、それを見にきたお客様がこちらも見て押さえてしまった為にネイビーが紹介する本日この時間を前に完売してしまいました。なので残念ながら2色の紹介になりました。





今シーズンのグラソンのキモなアイテムの1つで、アイスコットンの様に素材そのものに特徴がある訳ではありませんが、リングスパンで軽くした糸を使ってとても軽量な鹿の子をボーダーで編んだ生地です。それを使ってVネックTに仕上げています。ネイビーはネイビーで定番として使い易さは3色のうちで最も勝っていますが、夏らしい綺麗な色目という点ではマゼンダとミントブルーに軍配が上がります。特にミントブルーはとても綺麗な色で爽やかで涼し気です。マゼンダのパステル調でありながらビビットな感じも夏らしくて良いです。





シルケット加工をしてあるので綿でありながら光沢もあり、高級感もあります。価格は9,800円なので、Tシャツとしてはギリギリアンダー1万円ですのでけっして安い方ではありませんが、同じ素材のポロシャツだと15,000円以上になると思われますのでフェアプライスというか素材からしたらお得感がある1着です。生地から縫製迄オールフランスメイドなグラソンらしさのよく出ている物ですしね。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

夏の新作紹介 vol.40 GlaconのICE COTTON B.D POLO SHIRT

今日からここ橋本では七夕祭りが始まりました。仙台等と同じく旧暦で行われる為、1ヶ月遅れでこの時期に。ちなみに凄まじい売れ行きのガンホー、今日の時点でオリーブが完売、カーキベージュも32インチは完売、辛うじて30インチと34インチが各1本ずつ残っているだけになっております。定番モデルだけに追加で確保出来れば確保する予定ですが、まぁこの早さもさもありなん、という出来の良さです。その七夕祭りの雑踏を抜けて本日いらしたお客様が試着して押さえて・・・という感じでぽろぽろと売れていき、更にこりゃ良い出来だし価格もリーズナブルだし、という事で2色とも押さえてという方もいらっしゃいまして、その売れ方になってしまいました。


さてそんなボトムに合わせられるトップス、という事で漸く写真が撮れたグラソンのボタンダウンポロが本日の紹介です。


20150807-g14ss14en-01.jpg20150807-g14ss14en-04.jpg



アイスコットンのベーシックなポロシャツに関しては以前に紹介を済ませております。なので基本的なコンセプトについては同じなのでその辺は割愛するとして、今回はデザイン的なところを推しておきます。ビジネスカジュアルというかクールビズ的にはやはり台襟が付いている襟の物の方が良いですよね。それでもボタンダウンカラーにしているというのは更にカジュアルになりますが、今時のクールビズの基準は襟がついていれば良い、というぐらいの緩さのところが多い様です。ボタンダウンかレギュラーカラーかというのはドレスコード的にはOKかNGかという問題になりますが、そんな事は気にしませんわな、一般的なところは。しかもリブのみの襟のポロに比べればボタンダウンの方がカッチリしている事になりますからありって事になります。


20150807-g14ss14e-01.jpg20150807-g14ss14n-01.jpg



ボーダーの物はやはりカジュアル感が増してますから仕事用、という訳にはまいりませんが、無地の2色に関してはOKでしょう。私としてはボーダーの方がカジュアルに特化した大人なポロシャツという感じで良いと思いますが、オンオフどちらにも使えるという事からすると無地の方が良いでしょうね。





どちらにしろ完成度はかなり上がり、使い勝手も良いポロシャツになっております、ベーシックな形に比べてお値段は16,000円と若干高くはなっていますが、襟を作る面倒さを考えたらそのぐらいなら妥当な価格です。残りはかなり少なくなっていますが、この猛暑の中ではありがたいアイテムです。お勧めです。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

GUNHO素晴らしいです!

いや今日はこのガンホーの紹介は先になりそうなので、入荷しました、凄く良いです、でも売れちゃいました、というのを防ぐ為にもチョコッとは触れておこうかと。真夏日連チャンの新記録を更新している東京近郊、朝のニュースで指摘していましたけどオリンピックの開催時期がちょうど先週から今週にかけてだそうで、その時期に35℃以上の真夏日が続くとなると、マラソンとかどうするんだって感じですよね、実際。記録も伸びないだろうし下手すりゃ倒れる人とかでちゃいます。そんな日が続いていますが、何故か猛暑日に秋冬物のスタートをする事に。恐ろしいです。売ろうという方も売ろうという方ですけど、それでいて買う人は更に何を考えているんだと思います。先物買いっていうのはありなんですけど、それでもこの気温だとちょっと・・・・





しかし今回入ってきたガンホーのベイカーパンツ、キャンプファティーグトラウザースはコットンサテンなのでこの時期履いていても問題ありません。それがこんなにバージョンアップされて良いとこ取りで作られているとなると堪りません、実際。何故着用写真を撮るのを待たずに今日先走って書いているかというと、ブログでの告知からメールでの問合せが数件、届きますよと書いた本日は電話での問合せが数件入っており、到着が午後だったのですが既に本日お買上げになられたお客様がいらっしゃるので。こりゃ先に紹介しておかないといけないな、と。


20150805-IMG_1478.jpg



とはいえすいません、入りましたよ的な写真しかとれません。吊るしで撮って紹介するというのもありっちゃありですけどそれじゃ今一つシルエット等の良さが伝わらないので。





しかしこのパンツ、幅広い層の方にこれは良いから買っておくべきだ、とお勧め出来るパンツです。リゾルトの林氏の監修の下に、というのに納得して頂ける美しいシルエットです。30・32・34インチの展開ですが、生地といい縫製といい細部に渡り12,000円の国産パンツとしてやり尽くしているぐらいのコスパです。値段も値段ですから1本買って試しておくのも良いでしょう。もう今時期から履けるウェイトの生地ですから。





取り敢えず週末迄になくなってしまいました、ごめんなさいという事のない様に触れておきましたw


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

夏の新作紹介 vol.39 Worn Byの“BLUE MONDAY” Tee

なんか猛暑日が続いていますが、今年は猛暑日とはいえこの周辺は体温を超える程ではなく35℃前後の様で、なんか身体が慣れてきた気がします。明日には色々と入荷があるのと、ポンプフューリーは11日予定というのは昨日お伝えした通りです。それを前に残しているウォーンバイの紹介、終えておきたいなと思いまして今日は今年のウォーンバイ最後の紹介となります。


20150804-wbno03bk-01.jpg20150804-wbno03wt-01.jpg



トリを飾るのはニューオーダーのこのモデル。良いネーミングですよね、ブルーマンデー。憂鬱な月曜日だなんて日曜日に着ていても様になりますし、TシャツOKな職場の方でしたらまさに月曜日に着て行って上司から睨まれてみるぐらいな根性を見せて頂きたいものです。あ、無理言ってますので本気にしないで下さいww





しかしニューオーダーと言えばトゥルーフェイスがやはりメジャー曲ですが、このブルーマンデーも良い感じです。そしてタマ数の少なさではこちらの方が圧倒的。タマ数の多さを売りにする所は多いけど、その少なさを誇らし気に書くのはB.A.Tクオリティですが、そうは言ってもやっぱりね、たくさんあるよりも少ない方がそのネタがマニアックであればある程美味しいと思うのです。





さて今年のTシャツ、かなり終わりが見えてきました。でも実はまだグラソンの写真が撮れてなくて紹介していなかったのが、目出度く写真が撮れたのでアイスコットンのボタンダウンポロと先編みボーダーな鹿の子のVネックTシャツの紹介が出来ます。なのでそちらはここからしばらくの間の未紹介の目玉アイテムとなります。





ハーフパンツ類は今週かお盆休み中に写真が撮れる予定ですので、撮れ次第連チャン紹介でなんとか帳尻を合わせておこうと思いますw





blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

色々入ってくる予定です!

昨日の紹介はなかなかに皆様のお心を捉えた様で、ネイビーはあっさり押さえが入って完売。グレーも今週何処かで見に来ようという問い合わせを頂いているので減る事間違いなしです。今週はこれといって展示会がなく、週末からはお盆休みに入られる方が多い事もあってその準備にいらっしゃるであろう皆様とノンビリ過ごせればと思っておりますが、その足を運んで頂くのに意味を持って頂くべく、秋冬物の納品というのが近々あることが判ったのでそのご紹介を。





まず。バイオグラフィーから本藍染めのベストを。ここのところベストをお買上げになられるお客様が多かったので、9月でも良いか、と思っていたのですが晩夏初秋アイテムとしてお盆休み中にご覧になって頂ける様に今週投入としました。更にこれ、リーズナブルだしすぐに使えるし、という事でガンホーの日本製ラインのド定番を投入。ベイカーパンツで有名なガンホーですが、現代においてそのチープさは否めず、岡山生地で岡山縫製、シルエットはリゾルトの林氏の監修というスペシャルなバージョンアップをして投入されます。しかも今回はスリムシルエットでの投入なので、アイテム的にはドアメカジですが、綺麗に履けるパンツです。こんなんでこの値段で良いんかとびっくりな12,000円という、コスパの高いパンツになっています。サラッと1本持って履いておくべきパンツですね。





そして。リーボックのポンプフューリーのソリッドカラーのグレーとネイビーの投入が決まりました。8月11日を予定しております。既に残りがグレーの9のみになっていますがお早めに。





お盆なコーディネートとしてベタベタなのを提案すると、晩夏アイテムとして投入されるポンプとベイカーパンツを組み合わせ、インソーニャのベトジャンニットを着ていたりなんかしたらエラく判り易い鉄板コーデでしょうね。色数少なく、コスパに優れ、それでいてお洒落感に溢れている・・・・単品でもベイカーパンツは気軽に履けて秋のコーデのベースになる一本です、お楽しみに。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

夏の新作紹介 vol.38 insonniaの“VIETNAM” COTTON S/S SWEATER with POCKET

いや今日は良い一日でした。暑いので暑さが収まる夕方以降にね、と昨日のブログでも書いていたら、まさにその時間からで写真撮影にモデルを頼んでいるお客様がいらして頂きまして、そこから一気に半袖の写真を撮り終えました。ハーフパンツは今週末以降になってしまいましたが、一先ずホッとしました。このところのウォーンバイのボディに着せた写真も順次差し替えてまいります。しかし。撮りそびれていた他の半袖アイテムが思いのほか色々とありまして、その筆頭ともいうべきものが今日紹介するインソーニャの半袖ポケ付きセーター。もう殆ど残っていませんが、こんなに今シーズンのキモ的なアイテムなのに紹介していなかったなんて・・・・不覚っ!!


という事で本日目出度く写真が撮れた事もあって紹介させて頂きます。


20150802-inhl1ss5001kg-01.jpg20150802-inhl1ss5001kn-01.jpg



前シーズンから取扱いを始めたインソーニャ。昨シーズンのキモはビートルズとのコラボのものでしたが、今シーズンは色々ありましてヒーロー2でキムタクが着ていたフラガールのものはボツになり(何故か秋冬コレクションに追加されていましたw)、もう1つのキモといえるのがこのポケTタイプのもの。正直完成度と使い易さにおいてはこれが今シーズンのベストモデルだと私は思っております。正面から見ると一見普通にポケTにしか見えませんが、しっかりと編み上げられたニットです。で、後。


20150802-inhl1ss5001kg-02.jpg20150802-inhl1ss5001kn-02.jpg



インソーニャのニットといえばこれです、国内でここ迄デザインやグラフィックの美しさに特化したインターシャ編みのニットを作っているのはこのブランドをおいて他にありません。今回は正面のシンプルさと逆説的な組合わせとなる、スカジャンの定番刺繍として認知されているベトナム北爆時のスーベニール柄。所謂ベトジャンの柄ですね。綺麗で繊細でありながら大人な雰囲気を持つハイゲージのニットに対し、背面に入れられたインターシャの柄はベトジャンのもの。こんな組合わせの物を着ていると大人カジュアルとしてはとてもバランスが良いです。





最近アメカジ復権が顕著ですが、そのまま判り易くドアメカジな感じでコーディネートしたスタイルを提案するのはどうも気が引けます。クラシコイタリアから続くフィット感のあるスタイルがオンタイムのものとしては完全に確立されている今、カジュアルにおいても綺麗目という表現で同じ様なシルエットでの構築がされています。そうなったらテイストとしてアメカジである事と大人上品なこなしとを両立させた方が良いですよね。インソーニャの提案というのはまさにそのコンセプトそのものにあたります。それでいて15,800円という価格設定なのですからこれは嬉しいですよね。いくらクオリティは高いとしても、インターシャのニットで有名な某ハイブランドの様に8万だとかいわれても手が出ませんので。





残っているのはグレーが46・48各1、ネイビーが48が1着のみですが、夏の1着としてお勧めです。恐らく半袖のニットなんてまず持っていないアイテムですしね。お早めに。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

夏の新作紹介 vol.37 Worn Byの“UNLNOWN PLEASURES BLUE GRADIENT” Tee

日々最高気温の高さの更新が伝えられる暑さですが、橋本周辺は今日も怪しい雲行きでしたが夕立はなく。いっそ一雨来てくれれば多少は涼しくなろうというものですが。それでも昨日のイタリアとイギリスに特化した様な展示会報告を受けて資料を見にいらしたり、残りが2週間程度になったセール期間を漸く使おうと重い腰を上げてご来店になられたお客様もいらっしゃいますが、皆様やはりこの暑さで17時以降にいらっしゃいましたw





さて今日もウォーンバイの新作紹介を続けます。


20150807-wbjdn05hg-01.jpg



といっても予てからインフォメーションはしていたジョイディヴィジョンのアンノウンプレジャーの別バリエーションですが。しかしこのダークグレーのボディにネイビーからのブルーのグラデーションで描かれているというのは実に格好良い組合わせです。別にジョイディヴィジョン好きじゃなくてもこれは良いんじゃないか?と思って頂けそうな出来です。ウォーンバイの価格設定は1つ1つのアイテムにかかったコストを基に1つ1つの価格を決めるのではなく、総柄やポケTなどは別ですが基本的にベーシックな形のTシャツに関しては、纏めていくらと平均して出しているのでそうなると凝った技法の物の方がお得感はあります。貧乏臭いわたくしはついついそういう物を集めがちなのですが、このアンノウンプレジャーシリーズは同じデザインで違うこなしにする為に凝った技法のものが多く、お得感のあるものが多いです。





しかし立て続けにウォーンバイの紹介をしてきた為に、流石に残っている未紹介のものは少なくなってきました。モデル着用写真が撮れたら、ウォーンバイの後はパンツが続き、紹介し損ねているものを拾ったらお盆ぐらいにはなっているでしょう。その辺からは晩夏初秋の新作も入って来ているでしょうからそういう展開になります。春夏展も本格化していますし、乞うご期待です。更にオーダーメイドシステムの本格的な運用も視野に入れて細かい仕様を決めてジャケット等も増やしてまいります。その辺にもご期待下さいませ。





取り敢えずここ2週間ぐらいの間は来るべき晩夏初秋アイテムの投入を前に、セール期間で生地引き開催中にクジ引きをして新作の割引の権利を手に入れるべく皆様のご来店をお待ちしております。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

昨日はきちんと成果あり,な展示会でしたw

タイトルの通り昨日の展示会報告です、今日のブログ。この秋から投入予定になっているイタリアのシャツメーカー“Montaliani(モントリアーニ)”。まだ投入されていませんがこの秋は久しぶりに白いベーシックなシャツを含め、最初の取扱いなので手堅く纏めてみました。今シーズンは1万円代後半〜2万円代前半の価格帯のベーシックな生地のコレクションから選びましたが、来春はベーシックなシャツを秋で揃えたのでシーズンファブリックからクールビズでもカジュアルでも楽しくつかえるシャツを企画してみました。





このモントリアーニ、この秋が日本初上陸なのですが、マシンメイドのシャツとしては最上級の手のかけ方で、それでいてイタリア生産なのに今のユーロレートでは考えられないプライス設定。何でもかんでもそれで判断するのは意味がありませんが、1つの基準として袖を後付けにしているかどうか、というのはシャツの縫製の効率化と着心地のどちらをとるか、というポイントなので重要なところです。その辺をクリアしていないのに、生地がどうこう歴史がどうこうというのを謳ってさも良いシャツ屋ですよという売り込みをしているシャツ屋がなんと多い事か。袖を後付けにしていないマシンメイドのシャツでもイタリア生産のものはそれなりなお値段しております。袖の後付けをしていないオリアンで2万円台中盤、袖の後付けをするとベーシックな生地でもバルバの3万円台がイタリアのシャツメーカーとしては今のレートの相場です。





しかしその中にあってこのモントリアーニ、生地によりますが2万円前後からでいけます。そして最近ウォッシュ入れたり加工して味を出したりして、どちらかというと凝った生地を使ったカジュアルなシャツの方が高価なのですが、それでも3万円前後でいけるという、私の見る限りマシンメイドにおけるイタリアのシャツとしては最上級の部類といっても良いクオリティです。なので大いに期待して頂きたいところですが、その春夏コレクションを見てきました。





オールハンド国産24,000円を続けられなくなったので、今取れる同じぐらいの価格帯で探したらこれだった、という事なのですが、それだけに平均的なところではオールハンドの24,000円以下にしたかったので見つかって良かったです。しかもシルエットと襟型と生地の組合わせはやりたい放題という美味しさです、それだけに数少ない他の取扱店とまず被りません。お楽しみに。





さてもう1つ。幾つか他のブランドも見せて頂いたのですが、予告していた英国のカジュアルウェアブランドとしては新しい切り口なブランド、“KESTIN HARE(ケスティン・ヘア)”。いや良かったです、本当に。ナイジェル・ケーボンやクロジャックといった英国のワーク・ミリタリーをベースにしたブランドのエッセンスは活かしつつ、そこから引けるところを引いてミニマルで新鮮なコンセプトのブランドにしていました。結果として取扱いを見合わせたオールドタウン、取扱いのあるホルドファスト、最もリーズナブルなヤーモ、代理店が取扱いを止めた為に国内での展開がなくなってしまったクロジャック、そのどれと比べても若干クロスオーバーしていても別物と言えます。敢えていうならホルドファストやオールドタウンとはコンセプト的に近い物がありますが、物によりけりですけどジャケットやブルゾンのサイズ感や内側の処理、パターンのバランスがとても良いです。





また生産背景やブランドのヒストリーもなかなかに興味深く、スコットランドの首都エジンバラにフラッグショップを持ち、今年ロンドンに進出したばかり。生産はマンチェスターだそうで、ニットメーカー以外でスコットランドのメーカーというのは今迄にない事です。それでいてアウターはほぼそのマンチェスター製、ニットとカットソーの大半がポルトガル製、一部コスパを追うものだけ中国製という構成比率です。





取り敢えず初回なので定番のジャケットとパンツ、シームシーリングをしたナイロンパーカ、そしてシャツ辺りを検討しております。全て英国生産のものだけで考えておりますが、古臭いシルエットも味だという方は別ですが、古き良き味の継承はしつつ、削ぎ落とすものは削ぎ落としてアップデートされたシルエットの服を英国製で、という方が今着用して気持ち良く使えると思います。なのでデータは店頭で見られますので是非チェックしにいらして下さいませ。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

夏の新作紹介 vol.36 Worn Byの“AC/DC AT MARQUEE” Tee

猛暑日にならないだけでかなり楽ですよね、身体。明日は新しい英国ブランドとイタリアのシャツを見てきます。シャツは確実に発注してきますが、英国ブランドはどうかなぁ・・・・春夏の英国ブランドというのはどうも日本の気候とマッチしていないアイテムの提案が多くて(汗)とはいえ期待しているんですが。





はてさて、調べるとなかなか楽しいんですが、それをネットショップの方に迄拡張するのはとにかく大変で、また着用写真が撮れていない事もあってなかなかネットショップに反映出来ず申し訳ありません。でもウォーンバイ、ブログ書こうと調べてみると本当に興味深いです。


20150807-wbadm01-01.jpg



昨日のデヴィッド・ボウイに続き今日はAC/DCです。1973年に結成されたオーストラリアのバンドですが、世界的な成功を収めたのは米英に進出してから。その世界進出をしてキッスやエアロスミス等の前座を努め始めたのが1976年。その1976年にマーキーでのライブが行われております。700人の定員に1,000人が詰め寄せたというマーキーの集客記録の更新をしたライブが行われております。このTシャツに使われているのはその時の写真です。





本格的な世界的な成功というのは翌年の1977年に米国で初ライブを行ってからですし、今の知名度は1988年の最ブレイク以降ですが、やはりその道筋をつけたマーキークラブでのライブのTシャツ、そして一応オーストラリア、英連邦ですしw





その辺もやはりマーキーの歴史の一つと言えます。この後市街地の再開発による移転を繰り返し、惜しまれつつ廃業、その後何度も違うオーナーが再会を試みますが、もう既にライブハウスでのライブで動く時代ではなく今はもうないマーキークラブ。それでもやはりUKロックシーンにおけるその伝説は今も色褪せません。なのでこれはこれでお勧めです。ちなみにこの写真は普通ですけど、何故かこのバンドメンバーがパンイチになるのがお約束なのか、他の写真を見るとパンイチでした。お粗末ww


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by mercier at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Main | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする